十勝・帯広のソウルフード『インデアン』のカレー


十勝に住んでいる人ならば必ず一度は食べたことがあるご当地グルメ「インデアンカレー」。

ノーマルのインデアンカレーならば500円以下で食べることができ、牛肉と野菜の甘みのあるどろっとしたルーは家庭のカレー近いどこか懐かしい気持ちになる味です。

普段の食事や、イベントに出店していたりと、地元の人は幼い頃から慣れ親しんでおり、十勝管内に10店舗の支店があるほどです。釧路市にも2店舗支店があります。

地元の人でもあの匂いを嗅ぐと月に1度は食べたくなり、地元を離れた人は無性にあの味が食べたくなるインデアンシックにかかってしまうという話もあるほど中毒性の高い味なのです。

帯広といえば「豚丼」のイメージが強いですが、最近では、旅行客の方もインデアン目当てに来られる方も増えているようです。

さて今回は、そこまで愛されているインデアンの地元の人でも3割程度しか知られていない隠れトッピングをご紹介したいと思います!!

やってきたのは『インデアン西18条店』


隠れトッピングを求めてやってきたのは、帯広市西18条北1丁目にある「インデアン西18条店」。地元のスーパーマーケットチェーン「フクハラ」の中にテナントとして入っているお店です。近くにはツルハドラッグや、ユニクロもあり休日は家族連れでにぎわっています。

ターバンでヒゲのおじさんがロゴマーク

店舗に近づくだけで例の香りが漂ってきて、幼い頃からインデアン漬けにされてきた私はパブロフの犬のようによだれがでてしまう・・。

ちなみに大阪と東京にもインデアンというロゴマークもそっくりのカレー屋さんがありますが関係はないそうです。帯広インデアンはロゴマークの商標もとっているらしいので、偶然似たんですかね。

さて、店舗に入り注文です。

伝授します。インデアンの注文方法。


インデアン未経験の方のために説明しますと、インデアンカレーは7種類のメニューと3種類のルーからなっています。

・ノーマルタイプの「インデアン」(インデアンルー)

・優しい味の「野菜」(野菜ルー)

・ジューシー肉厚な「ハンバーグ」(インデアンルー)

・ぷりぷりの「えび」(ベーシックルー)

・ヘルシー志向に「チキン」(ベーシックルー)

・揚げたてサクサクの「カツ」(ベーシックルー)

・茄子も入った「シーフード」(ベーシックルー)

インデアンルーは牛肉が入っておりちょっと甘め、ベーシックルーは別名「ネギルー」とも呼ばれていて玉ねぎが入ったルー、野菜ルーは野菜カレー限定のルーです。

地元民はよくやるのですが、インデアンルーと、ベーシックルーは入れ替えることができます。つまり、本来ベーシックルーのカツのルーをインデアンルーで注文することが出来るのです。注文するときは「インデアン・カツ」と頼むと伝わります。インデアンルーのシーフードが良ければ「インデアン・シーフード」ですね。

ルーは辛さは  普通→中辛→辛口→大辛→極辛 の5段階で選べます。

普通は結構甘めですが、極辛シャレにならない位辛いです。

さらに、基本メニューに加えて、トッピングを追加することが出来ます。

それが、「カツ」「ハンバーグ」「エビ」「チキン」「チーズ」。

つまり、カツカレー頼んだけどチキンも食べたい・・なんて欲張りさんの願いをかなえちゃうんですね。凄すぎるよインデアン。

 

そう、これが基本です。添付した写真をじっくりみた方はお気づきかもしれません。

テプラでひとつトッピングが追加されていますね。

「エッグ 88円」

これが、西18条店にしかない隠れトッピングなのです!!

隠れトッピング「エッグ」を食べてみた!


では、「インデアンカツ中辛エッグトッピング」を注文しました。

ラーメン次郎みたいですね。

エッグを食べるのは初めてなので出てくるのが、生卵なのか、ゆで卵なのかもわかりません。

待っている間にテーブル周辺を紹介すると、この緑・赤・ピンクの四角いのは薬味です。緑は青菜、赤は福神漬け、ピンクはガリです。意外とガリもカレーに合うんですよね。

そしてこちらがホットオイルです。自分で辛さを調整したいという人は、お好みでかけてください。

さて、ついにカレーが到着しました!

シルバーの器に盛られて出てきたカツカレー!

ちなみに銀の器は新潟燕三条製らしいです。メイドインジャパンのこだわりですね。

カツはその場で揚げて出てくるのでサクサクです!人によってはサクサク感をより楽しむために後乗せで頼む人もいるようです。

そして左端についてるココットが、「エッグ」!!

ゆで卵を細かく切ったものでした!

カレーに乗せて食べてみます!緑と、赤も載せて信号機みたくなりました・・笑

ついに実食!!!!

うまーーーーーい!!

そりゃうまいわ。卵だもん。私は中辛にホットオイルを多めにかけるのですが、卵の甘みが中和してマイルドな味になっています!!

インデアン独特のビーフスパイスルーにもよく合っています!

どうして18条店だけなんでしょう。全店でやってもファンがつくレベルです。

あっという間に食べてしまいました。

18条店が最寄りのインデアンという方はご存じだったかもしれませんが、その他の地域の方はおそらく知らないこのトッピング。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

ちなみインデアンはルーのみのお持ち帰りもできます。

タッパーやお鍋などルーを入れる容器持参すると割引になります。

お鍋をもって家族の夕飯分のルーを買いに来る主婦は十勝では、よく見かけるふるさとの光景なのです。

まとめ


特に旅行で十勝に来られる方には知られていない、隠れトッピングを紹介させていただきました。

とにかく、インデアンカレーは安くて美味しいのでぜひ一度試してみてもらえると幸いです。

インデアン西18条店

営業時間:10時~21時

住所:帯広市西18条北1丁目30

電話:0155‐41‐5700

インデアン公式ホームページ

 

「十勝・帯広のソウルフード『インデアンカレー』に知る人ぞ知る隠れトッピングがあった⁉」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です